インターコム、中堅/中小向けEDIパッケージを発売、EDIINT-AS2対応

ニューズフロント 2007年04月18日 18時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターコムは4月18日、通信ミドルウェア「Biware」に商取引用の電子データ交換(EDI)機能を統合した中堅/中小企業向けパッケージ「Biware EDI Assist(バイウェア イーディーアイ アシスト)」を開発し、4月27日より販売開始すると発表した。

 Biware EDI Assistは中小/中堅企業向けに機能を簡略化したEDI統合管理製品。EDIの国内規格「JCA手順」「全銀手順」「全銀TCP/IP手順」に加え、国際規格「EDIINT-AS2」に準拠した通信機能を搭載する。2007年度中には、EDIINT-AS2と並ぶ国際規格である「ebXML-MS」にも対応する予定。

 取引先や業務ごとに月、週、日、時間といった単位で運用スケジュールの設定が可能。またマクロを使って、他システムと取引データ連携や通信エラー発生時の再送といった処理の自動化を行える。

 スケジュール設定をはじめユーザー登録、通信設定などは、ウェブブラウザを通じて遠隔操作できる。データセンターを利用したシステムの無人化などに向くという。サーバを2重化している場合、遠隔操作で実行サーバを切り替えられるため、システム障害発生時の影響を最小限に抑えられるという。このほか通信ポートの待機状態を自動で切り替え、回線を高効率で共用できる。

 すでにプラネットが運営するEDIINT-AS2準拠の新EDIネットワーク「SMOOTHEDI」と接続検証を完了した。インターコムでは、プラネットの顧客である日用品、化粧品会社のEDIINT-AS2移行需要を見込む。参考価格はソフトウェア本体のみで税込み42万円。初年度3000万円の売上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!