フォーバル、モバイル用の電子署名・認証分野に専門部署を設立し参入

WebBCN (BCN) 2007年04月19日 11時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォーバル(大久保秀夫社長)は4月18日、電子署名や認証を使ったモバイ ル機器のセキュリティ分野に専門事業部「セキュアソリューションディビジョ ン」を設立して参入すると発表した。

 今回、フォーバルグループではセキュアモバイルプラットフォーム「FC−mGate」を開発。携帯電話に電子証明書を格納できるようにすると同時にセキュ リティも確保。SSLクライアント認証(暗号化通信)で、電子署名を行えるよ うにした。さらに、プライベート認証局が発行する電子証明書に加え、特定認 証業務の認定を受けた「パブリック認証局」が発行する電子証明書も利用可能 にした。

 また、新たに設置した「セキュアソリューションディビジョン」では、フォー バルグループの共通テーマ「安心と安全の提供」を基本に、「PKI(公開鍵認 証基盤)」を用いた電子署名・認証プラットフォームを事業戦略として推進す る。

 当初のサービス提供は、フォーバルグループのフォーバルクリエーティブ (金住治社長)が行う。第1弾として、NTTドコモのFOMA903i、703iシリーズのD903、F903、D703に対応した電子署名iアプリと業務アプリケーション連携ゲー トウェイサービス「FC−mGate」を6月に提供開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?