サン、ITIL準拠のリモート監視/運用支援サービスを提供開始--他社環境にも対応

ニューズフロント 2007年04月19日 19時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは4月19日、ITサービス管理/運用に関する国際的ガイドラインIT Infrastructure Library(ITIL)準拠のリモート監視/運用支援サービス「Sun Managed Operations」の提供を開始した。

 同サービスは、サンの製品だけでなく、他社製ハードやOS、各種アプリケーション、ネットワーク機器、ストレージ製品などの遠隔管理/運用が可能。顧客が必要な作業だけを委託できるほか、サービスの内容および範囲をカスタマイズできるため、サンでは「総所有コスト(TCO)の削減と業務クオリティを高いレベルで両立させられる」としている。

 サンは、「リモート監視サービス」「リモート運用サービス」「リモート拡張運用サービス」「セキュリティ運用サービス」という4種類のサービスメニューを用意する。税別価格は、リモート監視サービスが年額150万円(サーバ10ノード)から、リモート運用サービスが750万円(バックアップ運用アウトソーシングを行う場合、サーバ10ノード、外部ストレージ10テラバイト分)からとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR