JSAT、新衛星マルチキャスト配信サービスの本格営業を開始

吉澤亨史 2007年04月19日 21時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JSATは4月19日、YSCCテレポートを利用した新しい衛星マルチキャスト配信サービス「Sky-Access IPcast」の本格営業を開始したと発表した。

 YSCCテレポートは、JSATの横浜衛星管制センター。1本の回線で全国のエリアをカバーし、64kbpsから2Mbpsの帯域保証型、片方向の専用線サービスを提供する。通常のネット回線のように通信経路の混雑によるデータ通信速度の低下がないことが特徴。

 TCP/IPやUDPなどのIP通信をサポートするため、顧客社内のLANやWANに接続することもでき、また通信は暗号化される。JSATでは、全国の店舗への商品マスターデータ更新や、ビデオオンデマンド(VOD)などマルチメディア端末へのコンテンツ配信、災害時、緊急時の本部からの緊急情報一斉配信などの利用を想定している。

 Sky-Access IPcastの利用料金は、月額費用としてシステム基本料が10万円、衛星回線使用料が37万円、受信管理基本料がカードおよび端末あたり500円となっている。JSATでは、2007年7月には映像配信専用サービス「Sky-Access Video」の提供を開始する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!