セールスフォースとコクヨがSaaS連携

CNET Japan Staff 2007年04月20日 20時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セールスフォース・ドットコムとコクヨは4月19日、オンデマンドCRM「Salesforce」の顧客情報から安全にドキュメントが配信できる「@Tovas for AppExchange」を発表した。

 コクヨでは2004年より、オフィス向けのオンデマンドサービス「@Tovas」を開始している。@Tovasでは、PCで作成したデータをFAXとして直接ペーパレス送信することや、セキュリティが確保された状態での大容量データの受け渡しができ、こうした情報のやりとりのトレーサビリティ機能も持ったサービスだ。

 新たに発表した@Tovas for AppExchangeは、Salesforceのオンデマンドプラットフォーム「Apex」上に構築されたアプリケーション。Salesforceの顧客情報から、FAX送信などといった@Tovasと同様の機能が利用できるという、SaaS(Software as a Service)同士の連携だ。

 @Tovas for AppExchangeの利用料は、月額1ユーザーごとに1050円(税込み)から。オプションで、基幹システム連携や、暗号化、自動送信、郵送代行などのサービスも提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから