日本通信、米国でデータMVNOサービスを提供へ--U.S.セルラーの3G網を利用

ニューズフロント 2007年04月23日 21時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本通信の100%子会社である米Communications Security and Compliance Technologies(CSCT)は、米U.S. Cellularと仮想移動体サービス事業者(MVNO)サービス提供に必要な相互接続契約を締結した。日本通信が4月23日に明らかにしたもの。CSCTは、商用MVNOサービスの提供を2カ月後に開始する予定。

 CSCTは、米国で無線データ通信サービスを提供するため、日本通信が2006年4月に設立した事業会社。一方のU.S. Cellularは、CDMA方式の移動体通信事業を全米26州で展開する企業である。

 この相互接続契約により、CSCTは、U.S. Cellularの第3世代(3G)ネットワーク上でデータMVNOサービスの提供が可能となった。接続に市場で入手できる一般的なネットワークルータを用いることで、低コスト相互接続を実現するという。また、CSCT側の接続装置をU.S. Cellular局舎内に設置するコロケーション制度も利用し、「サービス/信頼性の向上およびコストの低減を図る」(日本通信)。

 具体的には、企業ユーザーや機器向けのデータ通信サービス、無線専用線サービス(PWLL:Personal Wireless Leased Line)などをワンストップで提供していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから