デル、2ソケット、2Uクラスのサーバ製品でAMD Opteron搭載機

CNET Japan Staff 2007年04月23日 21時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは4月23日、x64系サーバ「PowerEdge」シリーズにおいて、デュアルコアAMD Opteronプロセッサを採用した2Uラックサーバ「PowerEdge 2970」を発表した。

 PowerEdge 2970は、2.00GHzのデュアルコアAMD Opteron 2212プロセッサを搭載したラック型サーバ。最小構成として、1GバイトのDDR-2 SDRAM(512Mバイト×2)、80Gバイトの2.5インチSATA HDDなどを備えている。

PowerEdge 2970 PowerEdge 2970

 デルの2ソケット、2Uクラスのサーバ製品でAMDプロセッサを採用したのは今回が初めて。これにより、同社のx64系サーバではエントリーからハイエンドまですべてのクラスにおいて、AMDとインテル両社のプロセッサ搭載機を揃えることとなる。デルでは、今後クアッドコアなどのマルチコア化にも対応する予定だ。

 価格は34万9650円(税込み)からで、同日より販売開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから