CTCとSCS、XenSource製サーバ仮想化ソフトの国内販売で協業

ニューズフロント 2007年04月24日 15時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、住商情報システム(SCS)、米XenSourceの3社は、XenSource製サーバ仮想化ソフトの国内販売で協業する。CTCとSCSが4月24日に明らかにしたもの。

 この協業では、オープンソース仮想化ソフト「Xenハイパーバイザー」ベースのXenSource製品を対象とし、CTCとSCSが国内での再販に取り組む。

 具体的には、XenSourceのディストリビュータ兼ソリューションプロバイダとなるSCSが、システム構築サービスの提供時に、XenSourceの仮想化製品を用いる。さらに、SCSは、販売代理店や他ソリューションプロバイダにサポートサービスも提供する。

 また、CTCはXenSourceのソリューションプロバイダとして、SCSから協力を得て、XenSource製品ベースのシステム構築事業を展開していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR