日立、ネットバンキング共同利用サービスでRSAのワンタイムパスワードを利用

CNET Japan Staff 2007年04月24日 20時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は、RSAセキュリティと提携し、日立のネットワークバンキング共同センタサービス「FINEMAX」のメニューに、RSAセキュリティのワンタイムパスワードを採用した「統合認証サービス」を追加して提供する。

 同サービスは、RSAセキュリティのワンタイムパスワード製品「RSA SecurIDハードウェアトークン」をFINEMAXに適用したもの。ユーザーが決済や振り込みといった処理を行う際のセキュリティが強化されるほか、スパイウェアやフィッシングといったネット犯罪への対策となる。

 9月1日から提供が開始される予定。FINEMAX共同センタ加盟行すべてに提供する。価格は個別見積り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!