横浜銀行がSASのEBMソリューション採用--顧客ごとに適切な情報を適切なタイミングで発信

CNET Japan Staff 2007年04月25日 15時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAS Institute Japanは4月23日、横浜銀行が同行のカスタマーリレーションシップ管理(CRM)戦略の一環として、SASの金融機関向けのマーケティングを支援する「イベント・ベースド・マーケティング(EBM)ソリューション」の採用を決定したことを発表した。

 横浜銀行では、以前から「ダイレクトメール」や「コールセンター」などを中心に、顧客の取引情報を活用したマーケティング活動を行なっていた。しかし、顧客との接点としては限定的であり、営業店など実際のチャネルにもその対象を広げ、さらに静態的な取引情報だけでなく、動態的な取引情報の変化も捉えることで、顧客のニーズに的確に対応できる仕組みが必要と考えていた。

 このような背景からSASのEBMソリューションの採用を決定。新しいシステムを利用して、個人顧客の取引情報の変化(イベント)から顧客のニーズを捉え、顧客ごとに有用な金融情報やサービスを提案するなど、きめ細かい対応により顧客満足度の一層の向上を目指している。

 EBMソリューションを活用したシステムは、エヌ・ティ・ティ・データ・フォースが構築中で、2008年1月の稼働を計画している。今後は、横浜銀行の関連会社である浜銀総合研究所を含めた4社で、EBMのモデル構築を推進していく方針だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!