ブロードバンドタワー、仮想ホスティングを提供へ--メインフレーム技術応用

CNET Japan Staff 2007年04月25日 21時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロードバンドタワーは4月25日、メインフレームの仮想化技術を用いた仮想ホスティングサービス「Collective Hosting(コレクティブホスティング)」の提供を5月9日から開始すると発表した。

 同サービスは、物理的なサーバ台数を削減し、データセンター内のスペースの効率化および消費電源の削減を図るもの。利用するシステムアプリケーションのOSやミドルウェアを統一化することにより、システムピーク時に合わせたシステム構築を行う必要がなくなり、TCO(総所有コスト)の削減を期待できる。

 今回のサービスには、日本IBMが提唱する、1台のサーバで複数のLinuxサーバを仮想的に展開する技術を用いている。この技術を用いることで、従来のIAサーバと比較して、サーバの台数が最大20分の1、消費電源も従来のIAサーバと比較して、最大30分の1にまで削減可能であり、運用コストの低減化を実現できるとしている。

 同社では、システムに一部IAサーバを組み合わせたサービスを通じて、さらに幅広い顧客ニーズに応えるサービスを提供したい考えだ。

 参考価格は、現行IAサーバが20台とすると、仮想サーバの台数が10台、CPU100リミット、メモリ4Gバイト、HDD500Gバイト、ネットワーク100Mbpsが2つで約200万円となっている。

イメージ図 今回のサービスに用いられるシステムのイメージ図
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!