サン、Opteron搭載の通信事業者向けサーバを発表

CNET Japan Staff 2007年04月26日 01時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは4月24日、通信事業者向けの「Netra」サーバ製品群の新製品として、AMD Opteron 2000シリーズを搭載した「Netra X4200 M2サーバ」を発表した。

 Netra X4200 M2サーバは、汎用のラックマウント型サーバ「Sun Fire X4200 M2」をベースに、通信事業者向けに最適化されたサーバだ。Solaris 10、Linux、Microsoft Windows ServerなどのOSに対応する。

 新サーバは、AMD Opteronモデル2214 HEプロセッサを最大2個、メモリは32Gバイトまで搭載可能。標準で4つのギガビットイーサネットを備え、拡張用に3つのPCI-Xスロットと1つのPCI Expressスロットがある。

 奥行きは約52cm未満というコンパクト設計になっており、従来の通信装置の設置に使用されていた比較的奥行きの浅い標準的な通信事業者用ラックにも適合する。一般的なAC電源はもちろん、DC電源対応品も選択可能だ。

 価格は159万5000円(税別)から。同日より発売し、5月下旬より出荷開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!