鬼に金棒?--ISSとNTTデータ・セキュリティが協業

CNET Japan Staff 2007年04月26日 17時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネット セキュリティ システムズ(ISS)とNTTデータ・セキュリティは4月25日、マスターディストリビューター契約を結び、より高度なセキュリティソリューションの提供に向け、協業すると発表した。

 ISSは、不正侵入検知/防御ソリューション市場での実績があり、NTTデータ・セキュリティは、システムや組織運営のセキュリティ状態を分析し、最適な環境に導くセキュリティサービス事業を展開している。両社がマスター・ディストリビューター契約を結ぶことによって、「Proventia Network IPS」をはじめとするISSのセキュリティプラットフォーム製品と、NTTデータ・セキュリティのインシデント判定技術との連携が実現する。

 両社はまた、5月より、金融、公共、法人関連のミッションクリティカルなシステムなど、堅牢なセキュリティを求められる分野を中心に、教育活動やセミナーやキャンペーンなどのプロモーションを共同で順次展開する。

 両社は主に、小売業者、オンライン販売業者、データ処理会社など、不正アクセスによるデータ流出や個人情報の漏えい防止に注力している、クレジットカードデータを取り扱う企業をターゲットとしたい考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!