GMO-HS、「ラピッドサイト」で「CMSデザインパッケージ」を提供開始

WebBCN (BCN) 2007年04月27日 14時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS、青山満社長)は4月26日、ホステ ィングブランド「ラピッドサイト」で、ホームページのデザインテンプレート とカスタマイズ費用、CMSをパッケージ化したサービス「CMSデザインパッケー ジ」の提供を開始した。価格は8万4100円から。

 「CMSデザインパッケージ」は、カスタマイズ作業の費用まで含めた価格設 定をしているため、制作過程において発生する追加費用を心配せずにサイト構 築を依頼できるのが特徴。

 プロが作成したデザインテンプレートをベースにウェブ制作業者がカテゴリ 設定などをカスタマイズし、企業ロゴや企業イメージを重視したサイトを作成 する。また、「ラピッドサイト」の共有・VPSの全プランに標準インストール されているCMSを利用することで、ブログ感覚で更新作業ができる。

 今回のサービス開始にあたり、ウェブ制作業界を代表するデザインテンプレー トベンダー3社の協力によってCMS(Movable Type)に対応した29種類のテンプ レートを用意。順次テンプレートやCMSの種類を拡充する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!