IBMがHoplon Infotainmentと協業--先進3Dシミュレーションをメインフレーム上で実現

CNET Japan Staff 2007年04月27日 22時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは4月26日、Cell Broadband Engine(Cell/B.E.)とIBMメインフレーム機能とを統合するプロジェクトを進めていることを明らかにした。

 このプロジェクトは、3Dインターネットなど次世代の「バーチャル空間」用のアプリケーションを操作するための速度とパワー、セキュリティ機能を搭載したハイブリッドシステムの実現を目的としたもの。

 「特別な専用プロセッサ(specialty processors)」により、動作の高速化や、多くのユーザーが同時に単一の世界を共有するバーチャル空間を創出するために必要な超高速通信を実現。メインフレーム能力を有効活用できる。

 同プロジェクトは、IBMの研究所や各ソフトウェア/ハードウェア部門の専門知識を生かし、ブラジルのオンラインゲーム会社であるHoplon Infotainmentと協力して進められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!