MS、「Silverlight」を複数プラットフォーム対応へ

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年05月01日 11時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE ラスベガス発--Microsoftは、同社の主力開発ツールが「Flash」の対抗製品である「Silverlight」をサポートし、ダイナミック言語に対応することを計画している。

 Microsoftの幹部らは当地で開催中のウェブ開発者およびデザイナー向けカンファレンス「Mix '07」で、「.NET」を利用する開発者が、Adobe SystemsのFlashフォーマット対抗製品であるSilverlight用アプリケーションを開発できるようにすることを明らかにした。

 Microsoftは米国時間4月30日、「C#」などの.NETアプリケーションを使ってアプリケーションを書けるようにするSilverlight 1.1のアルファ版をリリースした。Silverlightのバージョン1.0は今夏にリリースされる予定。

 Silverlight 1.1をダウンロードすると、.NETアプリケーションをWindowsもしくはMacintosh用ブラウザのSafariで動作可能にするエディションの.NETフレームワークが含まれる。

 Microsoftはさらに、ダイナミック(スクリプト)言語を使った.NETアプリケーションの開発を可能にする「Dynamic Language Runtime」も開発してきた。

 そして、Microsoftのサーバおよびツールズ部門でゼネラルマネージャーを務めるScott Guthrie氏は、「Ruby」言語の.NETに対応したバージョンである「IronRuby」を発表した。Microsoftはこの数年、「Python」や「JavaScript」などのダイナミック言語の専門家を雇い入れ、これらの言語に対するサポート拡大を進めていた。

 .NET版Pythonである「IronPython」と同様、IronRubyのソースコードもオープンソース形式のライセンスで提供されると、Guthrie氏は語っている。

 Guthrie氏は基調講演で、Microsoftの主要ツールである「Visual Studio」やデザインツールの「Expression Studio」など.NETツールを、WindowsとMacintoshベースの両方のブラウザアプリケーションでデバッグやコーディングなどの作業に利用する方法を説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから