ISID、マイクロソフトおよび日本AMDと「Windowsクラスタ for CAE 検証センター」を設立

CNET Japan Staff 2007年05月02日 03時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通国際情報サービス(ISID)は5月1日、マイクロソフトおよび日本AMDとの協力により、製造業におけるさまざまな解析(Computer Aided Engineering:CAE)業務におけるHPC(High Performance Computing)利用促進を目的に、技術検証/事例公開を行う「Windowsクラスタ for CAE 検証センター(WCTC)」を設立したことを発表した。

 同センターでは、WindowsベースのHPCクラスタソリューション製品である「Microsoft Windows Compute Cluster Server 2003 日本語版」と、製造業におけるCAE業務システムで多くの実績を持つ「AMD Opteronプロセッサ」を利用して、CAE業務へのHPC適用に関する実証検証を実施し、その結果をセミナーなどを通じて公開するもの。

 検証事項の詳細は、次のとおり。

  • PCクラスタによるCAEソフトウェアや最適化ツールの動作確認
  • 計算速度計測
  • 計算結果確認

 同センターの検証結果を基にISIDは、HPCを用いたCAE業務ソリューションを提案。製造業向けソリューションの提案を行ってきた強みを生かし、顧客に最適なシステム構築や、チューニング値のコンサルティングなどを提供する。

 また、マイクロソフトと日本AMDは、同センターに対し自社製品に関する技術支援を行い、検証作業の円滑化を推進。今後のCAEユーザー向け各種イベント、セミナーなどの共同マーケティング活動を実施する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから