途上国の子供に配る低価格PC、OSはWindowsに決定――デスクトップLinuxには打撃か(新着ブログより)

Dana Blankenhorn 2007年05月02日 15時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nicholas Negroponte氏が、One Laptop Per Child(OLPC)はデバイス(写真参照)の最終的な価格を175ドルに設定し、OSにはWindowsを採用することにしたと発表したのを受け、ZDNetのブロガーであるAdrian Kingsley-Hughes氏は、これはすなわちMicrosoftの勝利を意味すると述べた。

 確かに2年も前なら、ハードウェア上で稼働するネイティブOSの存在は非常に大きかったが、今ではそれもたいした意味を持たないのが現実だ。

(全文はこちら--「ZDNet.com オープンソースブログ」)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR