KNSLなど、USBトークン対応の暗号化オンラインストレージサービス

ニューズフロント 2007年05月07日 16時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIネットワーク&ソリューションズ(KNSL)とペンティオは5月7日、インターネット経由で安全なファイル共有が可能な企業向けオンラインストレージサービス「お得意様フォルダ」を発表した。5月15日より販売を開始する。

 同サービスは、ストレージサーバとの通信をペンティオのUSBトークン「Pentio PKI USB Token」で暗号化することで、安全なファイル共有を実現する。ファイルを格納するフォルダに対するアクセス権は、USBトークン単位で設定できる。フォルダの容量は、「ベーシックサービス」が20Gバイト、「プレミアムサービス」が200Gバイト。

 利用にあたって、USBトークン以外に特別なハードやソフトを購入する必要がない。共有フォルダは、Windows付属のエクスプローラでアクセスし、ドラッグ&ドロップによるファイルのアップロードおよびダウンロード、共有フォルダ上のファイルの直接編集が可能で、「社内のファイルサーバと同じ感覚で利用できる」(KNSLとペンティオ)。

 税込み料金は、初期費用が10万2900円から、初期設定料が1ID当たり5250円、月額基本料が6万1950円から、月額ライセンス料が1ID当たり2730円からとする。ただし、最低利用ライセンス数は10IDで、最低1年間の契約が必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR