日本IBM、LTO第4世代に対応したテープ装置などを発表--暗号化機能を強化

ニューズフロント 2007年05月07日 19時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは5月7日、磁気テープ規格Linear Tape-Open(LTO)第4世代準拠のテープ装置「IBM System Storage TS2340テープ・ドライブExpressモデル」を発表した。5月11日に出荷を開始する。税込み価格は121万円から。

 TS2340は、大容量化/高速化した第4世代のLTO規格に対応したほか、オプションで暗号化ソフト「暗号鍵マネージャー・コンポーネント(EKM:Encryption Key Manager)」が利用できる。これにより、データのバックアップ時に、対称暗号化のAES方式と非対称暗号化のRSA方式を組み合わせたデータ暗号化が行える。

 LTO第4世代に対応したことで、2対1圧縮時の最大データ転送速度はLTO第3世代に比べ約1.5倍となる毎秒240Mバイト、テープカートリッジ最大記録容量は1.6テラバイトとなった。インターフェースは、3Gbps Serial Attached SCSI(SAS)またはLVD SCSI。

 また、IBMは、テープライブラリ装置「IBM System Storage TS3310テープ・ライブラリ」「IBM System Storage TS3500テープ・ライブラリ」でも、LTO第4世代への対応や暗号化機能の追加などを実施した。税込み価格と出荷開始時期は以下の通り。

  • TS3310
    価格:599万円から
    出荷開始:6月15日
  • TS3500
    価格:1180万円から
    出荷開始:5月7日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?