デル、MSとノベルのLinux提携に参加

河部恭紀(編集部) 2007年05月08日 13時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftおよびNovellは米国時間5月6日、両社が結んだLinuxに関する提携に、初の主要システムプロバイダーとしてDellが加わることを発表した。

 今回の提携においてDellは、「SUSE Linux Enterprise Server」のライセンスをMicrosoftから購入し、「Dell Linux」ユーザーではない既存のLinuxユーザーをSUSE Linux Enterprise Serverに移行させるためのサービスおよびマーケティングプログラムを設立する。そして、このマーケティング活動は、相互運用性ワークショップ、移行に関するコンセプトの証明、移行サービスという3点を対象に実施される。

 DellのProduct Groupでソリューションズ担当バイスプレジデントであるRick Becker氏は、「われわれの目的は、顧客のIT業務の簡略化を支援するためのソリューションを提供することである」と述べ、「Dellは、今回の共同事業においてMicrosoftおよびNovellと提携する最初の主要システムプロバイダーだ」と説明した。

 MicrosoftとNovellは2006年11月に提携を発表している。この提携には、プロプラエタリ製品であるMicrosoftのWindowsをオープンソースコードベースであるNovellのSUSE Linuxと連携させるための支援、互いの製品の販売促進、さらに顧客がNovellのオープンソース製品を安心して使えるよう特許に関連した事項が含まれていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから