SIPropプロジェクト、SIPの相互接続フレームワーク「SIPropバージョン1.0」をリリース

CNET Japan Staff 2007年05月08日 15時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SIPropプロジェクトは5月7日、SIP(Session Initiation Protocol)の相互接続を解決するためのJavaによるオープンソースフレームワーク「SIPropバージョン1.0」を正式リリースしたと発表した。

 SIPropは、SIP対応機器同士の仕様の差異を吸収する仕組みをフレームワークとして提供する製品。基本アーキテクチャはB2BUA(Back to Back User Agent)となっており、機器に依存しない標準SIPメッセージを操作することでメッセージの差異を変換する。

 バージョン1.0は、クライアントサイドで動作するB2BUAフレームワークという位置づけで、モバイル端末への組み込みに対応するためにJ2ME(Java 2 Platform, Micro Edition)を採用した。スタック部分には、NIST(National Institute of Standards and Technology)がリファレンス実装したSIPスタック(NIST-SIP)を利用している。

 なお、同製品はIPA(独立行政法人情報処理推進機構)の2006年度上期の未踏ソフトウェア創造事業に採択されており、日本発のオープンソースソフトウェアとして提供される。

 サーバサイドの機能を強化する予定の次期バージョン2.0は、2007年秋をめどにリリースされる予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR