ネットマークス、ベトナムに現地法人を設立

CNET Japan Staff 2007年05月08日 16時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットマークスは5月7日、ベトナムに現地法人を設立し、ハノイとホーチミンで5月より営業活動を開始する予定であると発表した。

 今回の現地法人設立は、ベトナムへ進出する製造業を中心とした日系企業からのネットワークシステムの構築や、保守サポートの受注が目的だ。

 現地法人は、ネットマークスとベトナム企業のQuantic、ネットマークスのタイ現地法人であるNETMARKSが共同出資で設立する。Quanticは、アプリケーションの受託開発を主なビジネスとする企業。出資比率はQuanticが53%で、ネットマークスが34%、タイ現地法人が13%の割合。社名は「Netmarks Vietnam」となり、10人体制でスタートする。

 なお、ネットマークスはすでに、中国、フィリピン、インドネシア、タイ、シンガポール、マレーシアに現地法人を設立している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!