ケアブレインズ、プロジェクト管理機能を追加したCRM製品の新版「SugarCRM 4.5.1」

ニューズフロント 2007年05月09日 14時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ケアブレインズは5月9日、米SugarCRMが開発した顧客関係管理(CRM)製品の新版「SugarCRM 4.5.1」の日本語版を同日より販売開始すると発表した。新たにプロジェクト管理機能を追加したほか、営業日報機能など日本語版独自の機能拡張を行った。

 SugarCRM 4.5.1では、新規プロジェクトの計画グリッドを作成したり、過去のプロジェクトをテンプレートとして登録、再利用する機能を備える。またガントチャートによる進捗管理や、ケース管理との統合が可能。プロジェクト関連文書の共有/一元管理向けインタフェース、個々の従業員が責任範囲の作業を一覧できるダッシュボードも提供する。定義したプロジェクト情報はMicrosoft Project形式で出力できる。

 営業日報機能では、カレンダーに登録したミーティング情報から自動的にテンプレートを作成し、顧客名、商談名などの入力の手間を省く。また作成した日報には、上司や同僚がコメントを付けられる。このほか商談ごとの営業員、事業パートナー管理機能を用意。複数のモジュール間のデータを集計したレポート作成や、メールマガジンなどを利用した各種のキャンペーンの管理などを行える。

 ケアブレインズでは、すでにCRM製品「Sugar Enterprise」「Sugar Professional」を導入している顧客向けに機能拡張を実施する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!