クリアキューブ、カスタマイズ可能なPC仮想化ソリューション「Sentral v5.5」を発表

CNET Japan Staff 2007年05月09日 18時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クリアキューブ・テクノロジーは5月8日、仮想化されたPCを管理し、必要なレベルのPCリソースを提供するソリューションの一部となる「ClearCube Sentral v5.5」を発表した。5月から出荷する。

 Sentral v5.5は、「接続ブローカー」と呼ばれる技術に基づき、混在する物理PCブレードとVMware対応の仮想コンピュータを同時に管理し、パフォーマンスを犠牲にすることなく、集中型デスクトップとして仮想化する製品。

 具体的には、VMware ESX3サーバをクリアキューブのPCブレードおよびClearCube Sentral v5.5管理ソフトウェアと組み合わせることで、企業全体に仮想デスクトップを展開できるようになる。

 仮想抽象化層では、複数の仮想コンピュータの種類をサポート。ネットワーク上の単一の場所から仮想コンピュータを制御し、電源投入/切断、休止、一時停止、コールド・スタートすることを可能にする。Vistaもサポートする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!