オラクル、AjaxとFlashをRIA開発でサポートへ

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年05月10日 12時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 開催中のJavaOneカンファレンスにおいてOracleの幹部らは米国時間5月9日、リッチインターネットアプリケーション(RIA)用の開発ツールを導入する計画を明らかにした。また、同社はJavaベースの「Spring Framework」用開発キットもリリースした。

 Oracleは、Java開発者がJavaやAjaxを用いてインタラクティブなウェブアプリケーションを開発できるよう、同社の「JDeveloper」ツールと「Application Development Framework(ADF)」を強化する予定だ。グラフィックはAjaxやJava Server Faces標準を用いて開発し、Flashでレンダリングすることが可能である。

 またOracleによると、JDeveloperの次のバージョンではJavaScriptエディタが搭載されるようになるとともに、最新のWebサービス標準がサポートされることになるという。

 この発表とは別に、Oracleのサーバ技術担当シニアバイスプレジデントであるThomas Kurian氏は同社がSOAやイベント処理、トランザクション向けのサーバソフトウェアを設計中であると述べている。

 Kurian氏は声明において、Oracleは今後、Service Component Architecture(SCA)標準をサポートしていくと述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!