日立システム、PCサーバによる文書管理システム--導入後すぐ使える設定で納品

ニューズフロント 2007年05月10日 23時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立システムアンドサービスは5月10日、PCサーバと文書管理ソフトによる文書管理システム「ラビニティ アプライアンス」の販売を5月11日に開始すると発表した。税込み価格は128万円(同時ログインユーザー数が約20人、登録可能文書数が20万文書)となる。

 この文書管理システムは、サーバ情報や文書管理フォルダ構成、ユーザーアクセス権限を設定した状態で納品するため、導入後に特別な設定を行う必要がなく、すぐに運用を始められるという。

 印鑑を押印するなどした紙文書は、画像として電子化し、管理する。文書管理用のフォルダごとにアクセス権限の設定が可能。また、電子化した文書の参照や更新、削除、ダウンロードといった操作ログは、内部統制で求められる監査証跡としても使える。

 日立システムでは、今後2年間で500セットの販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR