マクニカ、10ギガビットイーサネット対応IP-SANストレージを販売開始

CNET Japan Staff 2007年05月11日 15時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクニカネットワークスは5月10日、米Intransa(イントランザ)製10ギガビットイーサネット対応IP-SANストレージ製品「Intransa PCU100」の出荷を開始した。価格はオープン。

 同製品は、単一システムで4テラバイトから1ペタバイトまでをサポート。サーバ、ストレージシステムを、容易に集約、拡張、管理することが可能という。ディスクエンクロージャの追加により、仮想ストレージプール容量を増加させることもできる。

 今回発表されたPCU100は、単体で、1秒あたり750Mバイトのスループットと、1秒あたり40万のI/O性能を持つ。4台までのPCU100をActive-Activeのクラスタとして動作させることでパフォーマンスを向上させることができる。

 マクニカでは、PCU100の用途として、ストレージ統合、シンクライアントでのネットワークブート、ディザスタリカバリ、バックアップ/リストアなどを想定している。

PCU100 PCU100の用途例
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!