Firebird搭載の分譲マンションのアフターサービス管理システムがASPで提供

CNET Japan Staff 2007年05月14日 20時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アペックスは5月11日、分譲マンションのアフターサービス補修工事向け管理システム「AS Web」をASPでの提供を開始した。

 AS Webは、分譲マンションの入居者を対象としたアフターサービスで、補修工事の日程調整や担当業者の整理・把握、進捗状況の一元管理などを行うためのシステム。進捗状況の確認を容易にするためのLive工事オブジェクト機能や、進捗状況の変化に応じて各担当者へのメール通知を行うActiveMail機能を搭載する。

 稼働環境は、OSがLinux、データベースがFirebird 1.5、ウェブサーバがApache2。開発言語はPHP5。

 ASPの第1号ユーザーとして、アーバンコミュニティに提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?