徳島大学病院、病院全体におよぶネットワーク基盤にシスコ製品を採用

CNET Japan Staff 2007年05月14日 20時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シスコはこのほど、徳島大学病院がHIS(Hospital Information System)ネットワーク基盤の構築で同社製品を採用したことを発表した。

 徳島大学病院は2003年後半から、病院全体としてセキュアな電子カルテシステム構築に取り組み、2007年1月に3外来を除いたすべての診療科で稼働させている。

 同病院では、この電子カルテシステムの導入に伴いインフラとなる高速通信基盤を整備するため、ネットワーク全体の再構築と組織の改編を実施。24時間365日稼動して個人情報を処理し続ける「見読性」と、個人情報漏洩対策とカルテの改竄防止のための「真正性」、データの安全な「保存性」を実現できると評価してシスコにネットワークの構築を依頼した。

 今回導入されたネットワーク機器群は、コアスイッチに「Cisco Catalyst 6506」を、サーバ集約スイッチに「Cisco Catalyst 4507」を利用し、ディストリビューションスイッチとして「Cisco Catalyst 4948」と「Cisco Catalyst 3750」を利用。「Cisco Secure Access Control Server (ACS) for Windows」をエージェントがインストールされていない端末のネットワーク接続を排除する「Cisco Security Agent」を組み合わせた認証も可能にしている。

 また、正しい投薬を行うために使うPDA用のワイヤレス環境を実現するワイヤレスアクセスポイント「Cisco Aironet」も導入した。

 今後同病院では、今回再構築したネットワークをさらに活用し、医師が診察に集中できる環境を整えることで、患者にさらに役立つ高度なサービスを提供していきたい考えだ。

ネットワーク図 徳島大学病院のネットワーク図
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR