宮崎大学、メルーの無線LANソリューションを導入

CNET Japan Staff 2007年05月14日 21時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルー・ネットワークスはこのほど、国立大学法人宮崎大学が、同大学のキャンパス内で教員・学生が自由にネットワークにアクセスできる仕組みとして、同社の無線LAN(WLAN)ソリューションを導入したと発表した。

 宮崎大学では、IEEE802.11b/gのサポート、スループット、セキュリティの確保、サービスエリアの拡大が容易なこと、将来の新しいサービス展開への対応などを評価し、同ソリューションを採用。メルーのラジオスイッチ「Meru Radio Switch RS4000」を導入した。

 同製品には、アクセスポイント間を移動する際に通信が途切れる心配のない「バーチャルセル」技術が搭載されており、これも採用の決め手になったという。

 100人以上の学生を収容する大教室においても、アクセスポイントを増やすことなく大量のアクセスに耐え、WLANのキャパシティを向上させることも可能になった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから