MS、「Longhorn Server」正式名称をフライング掲載

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年05月15日 11時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロサンゼルス発--Microsoftからまた、「Longhorn Server」の正式名称が「Windows Server 2008」であるという情報がリークした。

 Microsoft Franceは、太平洋標準時間5月13日午後10時30分の時点で、Windows Server 2008という名称をウェブサイトに掲載していた(ただし、現在、情報が削除されている可能性がある。また、bink.nuその他のMicrosoftファンサイトがこの件については先に報じていた)。今回のリークに先立って、同社の米国プレス向けサイトでもフライング掲載が起きている。

 Microsoftは今週、当地で開催される「Windows Hardware and Engineering Conference (WinHEC)」で名称を正式に発表するものと見られている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!