RSAセキュリティとイーソル、家電向けWindows Media DRMソフトパッケージを提供

ニューズフロント 2007年05月15日 14時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RSAセキュリティとイーソルは5月15日、デジタル著作権管理(DRM)技術「Windows Media DRM」対応の家電向けソフト提供で協業すると発表した。

 Windows Media DRMは、音声や映像などのデジタルコンテンツの著作権を保護する技術。RSAセキュリティとイーソルは、携帯用メディアプレーヤーや据え置き用デジタル家電、カーオーディオ、携帯電話に対するWindows Media DRMおよび関連機能の実装に必要なソフトを提供していく。

 具体的には、組み込み機器向けにイーソルのWindows Media DRMコンテンツ転送用ミドルウェア「PrMTP」、RSAセキュリティの暗号モジュール「RSA BSAFE」、マイクロソフトのWindows Media DRM SDKで構成されたソフトウェア群を提供するほか、組み込み用ファイルシステム、TCP/IPプロトコルスタック、USBデバイスプロトコルスタックなど組み込み用コンポーネントなども提供する。

 両社は、カスタマイズやポーティング、受託開発などのサービスも用意する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!