3次元CADデータをPDFに変換し安全・確実な情報共有を実現する「ADOBE ACROBAT 3D VERSION 8」

山下竜大(編集部) 2007年05月15日 20時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビ システムズは5月15日、3次元CADデータを汎用性の高い「Adober PDF」に変換し、社内外の誰とでも情報を共有、安全かつ円滑なコラボレーション環境を実現するAdobe Acrobatファミリーの最新版「ADOBE ACROBAT 3D VERSION 8」の提供を、2007年6月中旬より開始することを発表した。

 ADOBE ACROBAT 3D VERSION 8は、3次元CADデータをドラッグ&ドロップなどの容易な操作でAdobe PDFに変換できるソフトウェアの最新版。無償で提供されているAdobe Readerを使用することで、PDF化された3次元グラフィックスを、回転、パン、ズームなどの操作により閲覧することが可能。Microsoft Word/Excel/PowerPoint文書に3次元モデルを取り込むこともでき、インタラクティブな3次元Adobe PDFを作成できる。

 最新版では、PRCファイルフォーマットをサポートすることで、ギガバイトクラスの大容量CADデータをAdobe PDFに変換することが可能。製品製造情報(PIM)の入ったCADデータをAdobe PDF上で表示することもできる。

 また、Adobe PDFファイルからジオメトリ情報を抽出し、STEP、IGES、Parasolidとして保存すること可能。主要なCADアプリケーションの最新バージョンをサポートしている。さらに、付属の「Adobe Acrobat 3D Toolkit」を使用することで、3次元モデルのテクスチャやマテリアルの変更、2次元画像への書き出し、アニメーションの付加などの編集も可能になる。

アドビのGarrett J. Ilg氏 アドビの代表取締役社長、Garrett J. Ilg氏。

 同社の代表取締役社長、Garrett J. Ilg氏は、「日本企業は、生産性の向上とグローバル化という2つの課題を抱えている。こうした課題を解決するためには、ナレッジを容易かつ効率的に蓄積し、リッチコンテンツを活用して効果的なコミュニケーションにより共有することが重要になる。最大の価値を顧客企業に提供できるソリューションを継続して提供していきたい」と話している。

 同製品を活用することで、たとえば、CADデータの大容量化や複数のCADフォーマットの混在、迅速なコミュニケーション環境の実現、アプリケーションの導入・教育コストの肥大化など、製造業における製品ライフサイクル管理(PLM)の課題を解決きる。そのほか、自動車、航空宇宙、エンジニアリング、建築/建設業界などの分野における設計エンジニアや技術文書の執筆者、クリエイティブプロフェッショナルなどに有効という。

 具体的なソリューションとしては、大日本印刷が2006年4月にCADデータをもとに実写レベルの3次元CGを利用した、カタログなどの印刷物やインタラクティブコンテンツの制作などを行うサービス「CADVIZ REAL」の提供を開始。より効果的なプロモーションが可能なサービスを提供している。

 ADOBE ACROBAT 3D VERSION 8の価格は、通常版が13万5870円、Acrobat 3D日本語版からのアップグレード版が4万320円、その他のAcrobat製品からのアップグレード版が7万4445円、アカデミック版が4万320円(すべて税込)。無償体験版もウェブサイトから提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?