日立情報とセキュアブレイン、企業向けフィッシング防止システム販売で協業

ニューズフロント 2007年05月16日 16時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立情報システムズとセキュアブレインは5月16日、企業向けフィッシング詐欺対策システム「PhishWallサーバEX認証」の提供で協業すると発表した。同システムのライセンス料金は、年額240万円からとなる。

 同システムは、企業ウェブサイトの真正性を証明し、ユーザーをフィッシング詐欺から保護する。専用サーバの導入は不要で、チャレンジ/レスポンス認証ベースの認証ファイルを既存のウェブサーバに設けるだけで利用できる。

 顧客企業は、ウェブサーバに認証ファイルを設定し、認証サーバ「PhishWallサーバ」とする。ユーザーには無償のウェブブラウザ用認証クライアント「PhishWallクライアント」を配布し、ウェブサイトアクセス時の確認に利用してもらう。認証はHTTP/HTTPSで処理するため、プロキシサーバやファイアウォール経由でも実行できる。

 日立情報とセキュアブレインは、主に金融機関を対象として、同システムの販売、導入支援サービス提供を行う。日立情報では、今後2年間で20社への導入、2億円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR