日本オラクルとネットワールド、データベースログ分析/監査ツール提供で協業

ニューズフロント 2007年05月17日 15時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルとネットワールドは5月17日、データベースログ分析/監査ツール「Chakra BI Solution Pack」の販売を開始した。価格は約250万円からとする。

 同ツールは、ビジネスインテリジェンス(BI)ソフト「Oracle Business Intelligence Standard Edition」に、ネットワールドのパケットキャプチャ型データベースログ管理ソフト「Chakra」を組み合わせ、パッケージ製品として提供する。開発には、ニューシステムテクノロジーが協力した。

 Chakra BI Solution Packを利用すると、内部統制やシステム監査に必要なデータベースアクセス報告書の定期的な作成や、事故などの兆候を知るための分析と事故発生時の分析が確実に行えるという。

 日本オラクルとネットワールドでは、今後2年間で200社以上への導入を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから