NEC、無線LAN対応のau携帯電話と連携可能な業務処理ソリューション

ニューズフロント 2007年05月17日 16時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは5月17日、KDDIの無線LAN対応au携帯電話「E02SA」と連携可能なIP電話ソリューション製品「UNIVERGE "au"連携ソリューション」の販売を開始した。税別価格は357万円から。5月21日より出荷する。

 同ソリューションは、E02SAとSIP対応IP電話サーバ「UNIVERGE SV7000」を組み合わせ、各種機能を提供するもの。E02SAを社内では無線LAN内線電話として、社外では携帯電話として利用可能とする。オプションを導入すると、社内文書へのアクセスやグループウェア連携などの機能を実現できる。

 NECは、同ソリューション向けのオプション6種類を用意する。各オプションの概要、税別価格、出荷時期は以下の通り。

  • 「ケータイポータル」:社内電話帳や電子メール、スケジュール表の参照、外出先からの交通費精算や承認業務など。210万円から。2007年6月
  • 「モバイル文書閲覧」:社内サーバ上の文書を社外から閲覧。E02SA自体には文書データを残さない。325万円から。2007年5月21日
  • 「アクティブ電話帳」:社内電話帳とプレゼンス情報の確認。114万円から。2007年5月21日
  • 「名刺管理」:データベースで一元管理した名刺データの閲覧など。375万円から。2007年8月
  • 「StarOffice21連携」:社外からのグループウェア「StarOffice21」用電子電話帳、メール、スケジュール閲覧など。38万円から。2007年上期
  • 「Lotus Notes/Domino連携」:社外からのIBM製グループウェア「Lotus Notes」用アドレス帳、メール、データベース閲覧など。90万円から。2007年上期
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから