オリンパスソフトウェア、リアルコムの情報共有基盤製品を全社導入

CNET Japan Staff 2007年05月17日 19時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リアルコムは5月16日、オリンパスソフトウェアテクノロジーが同社の情報共有基盤「REALCOM HAKONE for Notes」を全社導入したことを発表した。対象は全社の500人。

 オリンパスソフトウェアテクノロジーは、社員間の情報・ノウハウの共有と課題解決を促進するために同製品を導入。「ソフトウェア開発に必要な社員の知識・ノウハウを時間や部門・拠点といった空間の制約を越えて流通させること」を目的に、開発プロジェクトにおける迅速な問題解決支援、エンジニアの知識・ノウハウ提供支援、および会社全体の情報の流れの活発化を図る。

 HAKONE for Notesは、Lotus Notes/Dominoの資産を活用して、情報共有基盤を効率的に整備したいというユーザー企業に向けたエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)だ。

 Lotus Notes/Dominoのメタデータとアクティビティログのトラッキングを実現することで、コンテンツ自体をノーツに残したまま、ナビゲーションをウェブアプリケーションで最適化する費用対効果の高い再活性化が可能になるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!