富士通、事業継続管理コンサルを刷新--DRサービスを中堅向けに拡充

CNET Japan Staff 2007年05月17日 19時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は5月16日、事業継続管理(Business Continuity Management:BCM)に関するコンサルティングサービスを刷新し、「ディザスタリカバリセンタサービス」を中堅企業向けに拡充すると発表した。

 この取り組みは、顧客企業の事業継続や情報セキュリティを支援するソリューション「SafetyRing(セーフティリング)」の強化の一環。

 事業継続コンサルティングサービスの刷新では、従来より提供していた事業継続計画(Business Continuity Plan:BCP)策定サービスに加え、運用プロセス全般を見渡せるコンサルティングサービスの提供を開始する。事業継続マネジメントプロセス全般にわたる「BCMコンサルティング」とITの継続性強化を目的としたコンサルティング「IT-BCPコンサルティング」 が新たにラインアップされた。価格はどちらも500万円から。

 ディザスタリカバリセンタサービスは、富士通のシステムセンターに災害対策システム環境を用意し、顧客企業のシステム停止およびデータの喪失を最小限に抑えるアウトソーシングサービス。共用システム型サービスの価格は月額28万円から、リモートデータバックアップサービスは月額8万円から。

 SafetyRing全体で2007年度末までに940億円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!