ソフォス、統合メールセキュリティアプライアンス「ES1000」を販売開始

CNET Japan Staff 2007年05月18日 17時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフォスは5月17日、統合メールセキュリティアプライアンス「ES1000」の販売を開始した。税別価格は、200ユーザー、3年間の利用で167万9000円。

 ES1000は、ウイルスやスパムなどのセキュリティ上の脅威をメールゲートウェイで阻止するとともにセキュリティポリシー遵守を実現するアプライアンス。大企業向けのES4000より機能を落とし、エントリーモデルとして提供されるが、ハートビートモニタリング(常時監視システム)など、運用管理を軽減する機能はそのまま搭載される。

 なお、ハートビートモニタリング機能は、内蔵されているセンサーでシステムの状況を常時監視し、ハードウェアやOSに問題が発生したり、最新のウイルス定義ファイルやスパムルールの自動アップデートが正常に行われなかった場合に、ソフォスおよびシステム管理者に通知してくれる機能。

 また、独自のGenotype(遺伝子型)脅威検知テクノロジーも搭載。悪意のあるプログラムのパターンや特性を抽出し、スパムやウイルス亜種をプロアクティブに検知できるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから