理経、イスラエル企業製ネットワークアクセス管理システムの国内販売開始

CNET Japan Staff 2007年05月18日 20時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 理経は、Insightix(インサイティックス)と日本国内における販売代理店契約を締結し、同製品の取り扱いを7月1日から開始する。

 Insightixは、エージェント不要の完全なリアルタイムのネットワーク検出およびネットワークアクセス管理のソリューションを開発するイスラエル企業。

 今回の契約で理経は、Insightixの製品群を国内で販売する。製品ラインは、「Insightix Discovery」と「Insightix NAC」の2つになる。

 Discoveryは、「ダイナミックインフラストラクチャディスカバリ(DID)」と呼ばれる技術によって、ネットワーク上の全デバイスの必要な情報を収集し、企業LAN全体のトポロジーマップを提供する。

 NACは、ポリシーに適合し許可されたデバイスのみが企業内ネットワークへのアクセス及びネットワーク上での運用を可能にするリアルタイムのエージェントレスネットワークアクセス(NAC)管理を実現する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから