フレームワークス、オラクルのFusion Middlewareを採用

大野晋一(編集部) 2007年05月21日 17時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フレームワークス(FWX)は、同社のサプライチェーン最適化プラットフォーム「物流プラットフォーム(仮称)」に日本オラクルの「Oracle Fusion Middleware」を採用すると発表した。FWXはLogistics Station iWMSシリーズなどサプライチェーンマネージメントソリューションを提供する企業。

 物流プラットフォームでは、Fusion MiddlewareのSOAやBusiness Intelligence(BI)機能を活用し、物流システムの高度化、可視化のニーズへ応える。10月をめどに完成、国内外の多拠点展開、多地域への配送の物量や頻度の高い企業多拠点展開、多地域への配送の物量や頻度の高い企業への納入を目指す。

 物流プラットフォームでは、SOAによるシステム連携の簡素化、最適化のためのBIによる状況管理と可視化、BPELによる実行系との連携機能、ICタグへの対応といった機能にオラクルの製品が活用される。具体的には連係機能のための「Oracle BPEL Process Manager」、可視化のための「Oracle Business Activity Monitoring」、最適化のための「Oracle Business Intelligence Suite」などが採用される。

 今後は、オラクルのアプリケーション製品群「Oracle Applications」とも連携、物流センター管理システム(WMS)などロジスティクス機能の利用も予定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?