FFC、Windowsのセキュリティを強化する「InfoBarrier」新版を発表

CNET Japan Staff 2007年05月21日 20時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エフ・エフ・シー(FFC)はこのほど、Windowsの操作制限機能やファイルの強制暗号化機能により情報漏洩対策を行うソフトウェアの新版「InfoBarrier5」の販売を開始した。

 新版では、クライアントPCの操作をリアルタイムに監視できるアラート機能が追加されたほか、操作ログ監視機能が強化された。この操作ログ監視機能により、ファイルサーバへのファイル操作、アプリケーションの起動・終了、メッセンジャー利用、外部媒体接続の操作を監視し、監査証跡として残すことができるようになる。

 価格は、ソフトウェア媒体のBarrierSeries Media Pack2が3990円。ライセンス販売も行う。5月23日から出荷する。年間10万本の販売を目指す。出荷時点でWindows Vistaには対応していないが、9月に対応するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR