サイレックス、既存のIPv4対応機器をIPv6に変換するコンバータを発売

CNET Japan Staff 2007年05月22日 09時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイレックス・テクノロジーは5月21日、「IPv6-IPv4コンバータ」を6月下旬に出荷すると発表した。税別価格は2万7800円。

 同製品は、IPv4でしか通信できないネットワーク機器を、プロトコル変換技術により、IPv6のネットワークで利用できるようにするもの。ゲートウェイとして利用できるため、IPv6/IPv4が混在した環境でも従来の機器をそのまま利用できるようになる。

 同社では、IPv6の普及が2007年後半から拡大すると見ており、プリンタメーカー系販社や官公庁向けシステムインテグレーターを主な販売対象として営業活動を展開する。

 IPv4においてアドレスが枯渇する可能性が懸念され、広いアドレス空間に基づいた次世代のネットワークプロトコルとしてIPv6は制定されている。しかしIPv4アドレスとIPv6アドレスに互換性がないために、IPv6への移行は妨げられることが多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!