ソフォス、統合メールセキュリティアプライアンスのエントリーモデル

WebBCN (BCN) 2007年05月22日 13時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフォス(アラン・ブロデリック社長)は、統合メールセキュリティアプラ イアンス製品のラインアップを強化し、1時間に2万通のメールに対応するエン トリーモデル「ES1000」を発売した。価格は200ユーザーが3年間利用する場合 で税別167万9000円から。

 ウイルスやスパムなどのセキュリティ脅威をメールゲートウェイで阻止する と同時に、セキュリティポリシー遵守を実現するアプライアンス製品。シンプ ルなハードウェア構成のエントリーモデルだが、中規模向けの「ES4000」で提 供されているハートビートモニタリング(常時監視システム)など運用管理を 軽減する機能を備え、高度なセキュリティ対策機能を実現できる。

 ハートビートモニタリング機能では、数十種類以上の内蔵センサーでシステ ムのステータスを常時監視し、ハードやOSに問題が発生したり、最新のウイル ス定義ファイルやスパムルールの自動アップデートが正常に行われなかった場 合に、ソフォスとシステム管理者に通知する。また、ソフォスのテクニカルサ ポートのエンジニアが直接、安全にリモートログインして問題解析を行う「リ モートアシスタンス機能」なども搭載し、システムやセキュリティ機能の停止 を防止する。

 このほか、悪意のあるプログラムのパターンや特性を抽出し、スパムやウイ ルス亜種を検知する独自のGenotype(遺伝子型)脅威検知技術や、新種のマル ウェアも阻止するBehavioral Genotype Protection(振る舞い検出型Genotype検知)によって、未知の脅威や不要なコンテンツを高精度に検知する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR