ネットワールド、VMware製品向け24時間365日保守サービスを提供へ

ニューズフロント 2007年05月22日 15時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットワールドは5月22日、米VMwareの仮想インフラ環境製品向けサポートサービスにおいて、新メニュー「24時間365日マルチベンダー保守」を提供すると発表した。新メニューは、5月28日に販売を開始し、6月1日より提供していく。

 ネットワールドは、国内初のVMware認定ディストリビュータとして、VMware製品の販売やソリューション提供を手がけている。2005年1月にはVMware認定コンサルティングパートナー(VAC Partner)、2006年1月には認定トレーニングセンター(VATC)となった。

 これまで、「平日通常時間帯のマルチベンダー保守」メニューのみを用意し、サポートサービスを提供していた。新メニューを追加し、24時間365日体制の保守サポートサービスとする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!