リアルコム、Notes用ログ収集ツールの最新版--収集速度を2倍に高速化

ニューズフロント 2007年05月22日 18時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リアルコムは5月22日、Lotus Notes用ログ収集ツールの最新版「REALCOM Notes Watcher V2.0」の出荷を開始した。Dominoサーバ1台当たりの税別価格は、Windows版が60万円、UNIX/AIX/Solaris版が120万円からとなる。

 Notes Watcherは、グループウェアLotus Notesの文書に対するアクセス履歴を、ログとして収集できるLotus Notes用のアドオンソフトだ。文書の閲覧や更新、削除といった操作を記録することで、監査証跡や利用状況分析などに利用できる。

 最新版では、ログ収集速度を高速化し、既存版「Notes Watcher V1.3」の2倍に相当する毎秒100件とした。スケジューラ機能を新たに搭載し、エントリ更新や分析レポート、アーカイブといった各種作業を自動化できる。

 また、顧客がカスタマイズしたSQLの実行も可能となり、固有の要件に合わせたログ分析レポートやログ保管ルールの設定が行える。対応環境として、Solaris10、DB2 9、SQL Server 2005を追加した。Lotus Notes 8は、出荷後に対応する予定。

 リアルコムでは、中規模から大規模のNotesユーザーに対し、1年間で50社、150ライセンスの出荷を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?