xfyラプソディ--第1番:インストール

福田昌弘 2007年05月23日 16時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 XMLを使えば多種多様なデータを一元管理できることは知っている。ただ、実際にどうやって一元管理するのかがわからない。このようなもどかしい思いを抱いている人は、筆者も含めて多いのではないだろうか。

 今回、「xfy Enterprise Edition 1.5 Test Drive」という試用版CD-ROMを手に入れていろいろと試してみたところ、XMLを生かしたデータ作成、データ再利用、既存データの利用などで、このもどかしさが解決されるように思えてきた。そこで、この連載では、xfyで実現可能な処理を数回に分けて示していく。

 ちなみにタイトルの「xfyラプソディ」は、xfyで実現されるさまざまなデータの一元管理を、さまざまなメロディを組み合わて1つの曲を構成する「ラプソディ」になぞらえたものだ。では、まず「第1楽章:インストール」からお聴きいただきたい。

泣く泣くサポート外のCentOSを使用

 「xfy Enterprise Edition 1.5」のシステムは、すでに伝統的とも言えるクライアント/サーバ形式の「xfy Enterprise Client」と「xfy Server」から構成される。ただし、サーバ部分であるxfy Serverは、次のようにアプリケーションノードとデータベースノードに分けられるため、その点では3階層の構成とも言える。

01xfy Enterprise Editionのシステム構成 xfy Enterprise Editionのシステム構成。

 このようなシステム構成を採るxfy Enterprise Editionのうち、クライアント部分のxfy Enterprise Clientは、Microsoft Windows 2000(SP4以降)、Microsoft Windows XP(SP2以降)、Fedora Core 4以降、Mac OS X 10.4と、一般的な各種OSで動作する。これに対し、サーバ部分のxfy Serverは、動作環境としてRed Hat Enterprise Linux 4 AS/ES(Update 4以降)が推奨されているため、気軽に試すことが難しい。また、筆者は、Red Hat Enterprise Linux自体を所有していないため、残念ながらxfy Enterprise Editionを試すことさえできない。

 そこで、サポート対象外ではあるが、Red Hat Enterprise Linuxとの互換性が高いCentOSにxfy Serverをインストールして試用してみることにした。ただし、当然のことながら、CentOSはxfy Serverに対する推奨OSではないため、xfy Enterprise Editionの製造元であるジャストシステムのサポートは受けることができず、すべて自己責任になる点に注意してほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから