Pure Javaビルドツール名前が「Gosling」に--既存プロジェクトと統合

大野晋一(編集部) 2007年05月23日 16時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、XMLではなくJavaで記述するビルドツールについてお伝えした(Ant/Mavenに続け―Wicketコミッタ、Javaのみで記述するビルドツール開発中)が、名前が"Gosling"に決定したようだ。GoslingはApache Antをベースにした既存のビルドツール。同じくJavaで記述するビルドツールを開発しているプロジェクトとの統合という選択になった。

 「新しいビルドツール」を開発していたWicketプロジェクトのJonathon Locke氏は自身のブログで今回の統合について20日に投稿している。15日の開発表明から1週間足らずで自身のコードをGoslingプロジェクトに寄贈するという決定となった。この間に15日のエントリーには23のコメントが投稿されている。

 同氏はこのエントリーの中で現在AntベースのGoslingが、今後はAntベースではなくなるとしている。また、Goslingプロジェクト側もJonathon Locke氏の加入によってプロジェクトは別の方向を目指すことになる、としている。結果的に同氏の「新しいビルドツール」がGoslingを吸収し、そのブランドを引き継ぐことになるようだ。

 開発リソースも増えた新しいGoslingの成果に期待したいところ。ちなみに、GoslingとはSun MicrosystemsのJames Gosling氏のことではなく、ひよこのこと。GoslingプロジェクトではHans Christian Andersen氏の童話"The Ugly Ducking"へのオマージュだとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!