中山工業、ダッソーでのPLMソリューションで生産までのプロセスを統合

CNET Japan Staff 2007年05月23日 20時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMとダッソー・システムズは5月22日、管製品大手の中山工業が製品開発プロセス改革のためにダッソー・システムズのPLMソリューションを活用し、製品設計から生産までのプロセス統合を行ったと発表した。

 中山工業では、従来2D設計で管製品の設計を行ってきたが、同社の「高効率冷間縮径ロール成形法による高機能管に関する研究」が独立行政法人の助成プロジェクトに採択されたため、優れた開発ツールの導入が急務となった。

 そこで同社はPLMソリューション「CATIA V5」を採用。管製品、成形機、ロールの3事業の垂直同時立ち上げを実施し、製品設計、設備設計において構想・基本設計・詳細設計、CAE解析、CAM/製造の全工程を統合、測定器を使用したリバース・エンジニアリングも実現した。

 また、作図ソリューション「CATIA 2D レイアウト for 3Dデザイン(LO1)」の活用で既存の2Dデータと進行中のデータの有効活用も図った。さらに、データ管理ソリューション「ENOVIA SmarTeam」を採用したことで、効率的なデータ蓄積・再利用も実現できたという。

 中山工業では、生産工程の完全自動化を目標に、今後さらにCATIA V5、ENOVIA SmarTeamの活用をすすめる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!